部分矯正 / 矯正症例

Case

ご了承いただいた患者様のみを掲載しております。
※写真掲載の許可を頂いていない患者様のお写真が掲載されることはございませんので、ご安心下さい。
Case 1
左の上下の犬歯(乳歯)が抜けず、大人の歯が生える隙間がなくなり、上下の八重歯になっていました。乳歯を抜いて上下の3番目から後ろに矯正装置をつけた部分矯正で治療を行いました。乳歯の生え変わりがうまくいかないと歯並びが崩れてしまうケースもあるため、少しでもお悩みの場合はお気軽にご相談ください。	左の上下の犬歯(乳歯)が抜けず、大人の歯が生える隙間がなくなり、上下の八重歯になっていました。乳歯を抜いて上下の3番目から後ろに矯正装置をつけた部分矯正で治療を行いました。乳歯の生え変わりがうまくいかないと歯並びが崩れてしまうケースもあるため、少しでもお悩みの場合はお気軽にご相談ください。	左の上下の犬歯(乳歯)が抜けず、大人の歯が生える隙間がなくなり、上下の八重歯になっていました。乳歯を抜いて上下の3番目から後ろに矯正装置をつけた部分矯正で治療を行いました。乳歯の生え変わりがうまくいかないと歯並びが崩れてしまうケースもあるため、少しでもお悩みの場合はお気軽にご相談ください。	左の上下の犬歯(乳歯)が抜けず、大人の歯が生える隙間がなくなり、上下の八重歯になっていました。乳歯を抜いて上下の3番目から後ろに矯正装置をつけた部分矯正で治療を行いました。乳歯の生え変わりがうまくいかないと歯並びが崩れてしまうケースもあるため、少しでもお悩みの場合はお気軽にご相談ください。	左の上下の犬歯(乳歯)が抜けず、大人の歯が生える隙間がなくなり、上下の八重歯になっていました。乳歯を抜いて上下の3番目から後ろに矯正装置をつけた部分矯正で治療を行いました。乳歯の生え変わりがうまくいかないと歯並びが崩れてしまうケースもあるため、少しでもお悩みの場合はお気軽にご相談ください。	左の上下の犬歯(乳歯)が抜けず、大人の歯が生える隙間がなくなり、上下の八重歯になっていました。乳歯を抜いて上下の3番目から後ろに矯正装置をつけた部分矯正で治療を行いました。乳歯の生え変わりがうまくいかないと歯並びが崩れてしまうケースもあるため、少しでもお悩みの場合はお気軽にご相談ください。
矯正前
矯正後
年齢・性別
10代男性
1年
乳歯の抜歯
40万(税別)
矯正(部分矯正)

・治療後に保定装置を使用しないと、後戻りするリスクがある
・歯の移動に伴う痛み
・口腔内に傷ができることがある

左の上下の犬歯(乳歯)が抜けず、大人の歯が生える隙間がなくなり、上下の八重歯になっていました。乳歯を抜いて上下の3番目から後ろに矯正装置をつけた部分矯正で治療を行いました。乳歯の生え変わりがうまくいかないと歯並びが崩れてしまうケースもあるため、少しでもお悩みの場合はお気軽にご相談ください。
抜歯の有無
治療費
備考
リスク・注意点
治療の概要
治療期間
Case 2
奥歯の噛み合わせに問題がなく、前歯のみの矯正だったため、部分矯正を適用しました。綺麗に矯正をするため、ディスキング (IPR法)を用いて、前歯の両隣の歯を少しずつ削り、非抜歯での治療を行いました。	奥歯の噛み合わせに問題がなく、前歯のみの矯正だったため、部分矯正を適用しました。綺麗に矯正をするため、ディスキング (IPR法)を用いて、前歯の両隣の歯を少しずつ削り、非抜歯での治療を行いました。	奥歯の噛み合わせに問題がなく、前歯のみの矯正だったため、部分矯正を適用しました。綺麗に矯正をするため、ディスキング (IPR法)を用いて、前歯の両隣の歯を少しずつ削り、非抜歯での治療を行いました。	奥歯の噛み合わせに問題がなく、前歯のみの矯正だったため、部分矯正を適用しました。綺麗に矯正をするため、ディスキング (IPR法)を用いて、前歯の両隣の歯を少しずつ削り、非抜歯での治療を行いました。	奥歯の噛み合わせに問題がなく、前歯のみの矯正だったため、部分矯正を適用しました。綺麗に矯正をするため、ディスキング (IPR法)を用いて、前歯の両隣の歯を少しずつ削り、非抜歯での治療を行いました。	奥歯の噛み合わせに問題がなく、前歯のみの矯正だったため、部分矯正を適用しました。綺麗に矯正をするため、ディスキング (IPR法)を用いて、前歯の両隣の歯を少しずつ削り、非抜歯での治療を行いました。
矯正前
矯正後
年齢・性別
10代女性
9ヶ月
非抜歯矯正
20万(税別)
矯正(部分矯正)

・治療後に保定装置を使用しないと、後戻りするリスクがある
・歯の移動に伴う痛み
・口腔内に傷ができることがある

奥歯の噛み合わせに問題がなく、前歯のみの矯正だったため、部分矯正を適用しました。綺麗に矯正をするため、ディスキング (IPR法)を用いて、前歯の両隣の歯を少しずつ削り、非抜歯での治療を行いました。
抜歯の有無
治療費
備考
リスク・注意点
治療の概要
治療期間
Case 3
お仕事の都合上歯の表に行うブラケット矯正は用いることができなかったため、表から見えない裏側矯正で実施しました。奥歯の噛み合わせが問題なかったため、上下の前歯だけ部分矯正を行いました。裏側矯正装置の場合、舌に当たる違和感や口腔内の傷を訴える患者さまが多いのですが大きな違和感もなく、さらに治療期間も患者さまが思っていたより早く終わったため、大変喜んでくださいました。お仕事の都合上歯の表に行うブラケット矯正は用いることができなかったため、表から見えない裏側矯正で実施しました。奥歯の噛み合わせが問題なかったため、上下の前歯だけ部分矯正を行いました。裏側矯正装置の場合、舌に当たる違和感や口腔内の傷を訴える患者さまが多いのですが大きな違和感もなく、さらに治療期間も患者さまが思っていたより早く終わったため、大変喜んでくださいました。お仕事の都合上歯の表に行うブラケット矯正は用いることができなかったため、表から見えない裏側矯正で実施しました。奥歯の噛み合わせが問題なかったため、上下の前歯だけ部分矯正を行いました。裏側矯正装置の場合、舌に当たる違和感や口腔内の傷を訴える患者さまが多いのですが大きな違和感もなく、さらに治療期間も患者さまが思っていたより早く終わったため、大変喜んでくださいました。お仕事の都合上歯の表に行うブラケット矯正は用いることができなかったため、表から見えない裏側矯正で実施しました。奥歯の噛み合わせが問題なかったため、上下の前歯だけ部分矯正を行いました。裏側矯正装置の場合、舌に当たる違和感や口腔内の傷を訴える患者さまが多いのですが大きな違和感もなく、さらに治療期間も患者さまが思っていたより早く終わったため、大変喜んでくださいました。お仕事の都合上歯の表に行うブラケット矯正は用いることができなかったため、表から見えない裏側矯正で実施しました。奥歯の噛み合わせが問題なかったため、上下の前歯だけ部分矯正を行いました。裏側矯正装置の場合、舌に当たる違和感や口腔内の傷を訴える患者さまが多いのですが大きな違和感もなく、さらに治療期間も患者さまが思っていたより早く終わったため、大変喜んでくださいました。お仕事の都合上歯の表に行うブラケット矯正は用いることができなかったため、表から見えない裏側矯正で実施しました。奥歯の噛み合わせが問題なかったため、上下の前歯だけ部分矯正を行いました。裏側矯正装置の場合、舌に当たる違和感や口腔内の傷を訴える患者さまが多いのですが大きな違和感もなく、さらに治療期間も患者さまが思っていたより早く終わったため、大変喜んでくださいました。
矯正前
矯正後
年齢・性別
20代女性
11ヶ月
乳歯の抜歯
70万(税別)
矯正(部分矯正)

・舌が装置にあたり、違和感を感じる場合があります
・治療後に保定装置を使用しないと、後戻りするリスクがある
・歯の移動に伴う痛みなど

お仕事の都合上歯の表に行うブラケット矯正は用いることができなかったため、表から見えない裏側矯正で実施しました。奥歯の噛み合わせが問題なかったため、上下の前歯だけ部分矯正を行いました。裏側矯正装置の場合、舌に当たる違和感や口腔内の傷を訴える患者さまが多いのですが大きな違和感もなく、さらに治療期間も患者さまが思っていたより早く終わったため、大変喜んでくださいました。
抜歯の有無
治療費
備考
リスク・注意点
治療の概要
治療期間