開咬 / 矯正症例

Case

ご了承いただいた患者様のみを掲載しております。
※写真掲載の許可を頂いていない患者様のお写真が掲載されることはございませんので、ご安心下さい。
Case 1
中学生の女性です。前歯が出ており、前歯で噛みづらいとのことで来院されました。治療方針として前歯を後ろに下げ、口元を下げるために上下左右の歯を1本ずつ抜歯して矯正治療を行いました。治療開始前は前歯はほとんど機能しておらず、奥歯にのみ力の負担がかかっている状態でした。歯の本数は減っていますが、全ての歯が機能することで、咬む面積は増加し、咬む力も増すことができました。抜歯をすることで、治療期間も比較的短く、無事治療終了することができました。	中学生の女性です。前歯が出ており、前歯で噛みづらいとのことで来院されました。治療方針として前歯を後ろに下げ、口元を下げるために上下左右の歯を1本ずつ抜歯して矯正治療を行いました。治療開始前は前歯はほとんど機能しておらず、奥歯にのみ力の負担がかかっている状態でした。歯の本数は減っていますが、全ての歯が機能することで、咬む面積は増加し、咬む力も増すことができました。抜歯をすることで、治療期間も比較的短く、無事治療終了することができました。	中学生の女性です。前歯が出ており、前歯で噛みづらいとのことで来院されました。治療方針として前歯を後ろに下げ、口元を下げるために上下左右の歯を1本ずつ抜歯して矯正治療を行いました。治療開始前は前歯はほとんど機能しておらず、奥歯にのみ力の負担がかかっている状態でした。歯の本数は減っていますが、全ての歯が機能することで、咬む面積は増加し、咬む力も増すことができました。抜歯をすることで、治療期間も比較的短く、無事治療終了することができました。	中学生の女性です。前歯が出ており、前歯で噛みづらいとのことで来院されました。治療方針として前歯を後ろに下げ、口元を下げるために上下左右の歯を1本ずつ抜歯して矯正治療を行いました。治療開始前は前歯はほとんど機能しておらず、奥歯にのみ力の負担がかかっている状態でした。歯の本数は減っていますが、全ての歯が機能することで、咬む面積は増加し、咬む力も増すことができました。抜歯をすることで、治療期間も比較的短く、無事治療終了することができました。	中学生の女性です。前歯が出ており、前歯で噛みづらいとのことで来院されました。治療方針として前歯を後ろに下げ、口元を下げるために上下左右の歯を1本ずつ抜歯して矯正治療を行いました。治療開始前は前歯はほとんど機能しておらず、奥歯にのみ力の負担がかかっている状態でした。歯の本数は減っていますが、全ての歯が機能することで、咬む面積は増加し、咬む力も増すことができました。抜歯をすることで、治療期間も比較的短く、無事治療終了することができました。	中学生の女性です。前歯が出ており、前歯で噛みづらいとのことで来院されました。治療方針として前歯を後ろに下げ、口元を下げるために上下左右の歯を1本ずつ抜歯して矯正治療を行いました。治療開始前は前歯はほとんど機能しておらず、奥歯にのみ力の負担がかかっている状態でした。歯の本数は減っていますが、全ての歯が機能することで、咬む面積は増加し、咬む力も増すことができました。抜歯をすることで、治療期間も比較的短く、無事治療終了することができました。
矯正前
矯正後
年齢・性別
10代女性
1年10ヶ月
上下の左右1本ずつ
95万(税別)
出っ歯気味の開咬症例
中学生の女性です。前歯が出ており、前歯で噛みづらいとのことで来院されました。治療方針として前歯を後ろに下げ、口元を下げるために上下左右の歯を1本ずつ抜歯して矯正治療を行いました。治療開始前は前歯はほとんど機能しておらず、奥歯にのみ力の負担がかかっている状態でした。歯の本数は減っていますが、全ての歯が機能することで、咬む面積は増加し、咬む力も増すことができました。抜歯をすることで、治療期間も比較的短く、無事治療終了することができました。

・治療後に保定装置を使用しないと、後戻りするリスクがある
・歯の移動に伴う痛み
・施術中の咬み合わせの違和感など

抜歯の有無
治療費
備考
リスク・注意点
治療の概要
治療期間

部分矯正

出っ歯

八重歯・叢生

すきっ歯

開咬

受け口

過蓋咬合