受け口 / 矯正症例

Case

ご了承いただいた患者様のみを掲載しております。
※写真掲載の許可を頂いていない患者様のお写真が掲載されることはございませんので、ご安心下さい。
Case 1
小学生の男の子です。おばあさまが受け口を気にされて来院されました。分析の結果、下あごの大きさが大きいことによる反対咬合(受け口)でした。また、上の前歯の位置に不正があり咬む際にあごを前に出す癖を認めました。今後、成長期を迎える前にこの癖を治すことが非常に大事であるため、早期の治療をおすすめしました。上の前歯と奥歯に固定の装置を接着してワイヤーを用いる治療を行いました。右上の前歯を前に出す治療により無事に第Ⅰ期治療を終了し現在、成長を観察しています。中学3年生の現在、身長もかなり伸びていますが、今のところ咬み合わせを維持できています。小学生の男の子です。おばあさまが受け口を気にされて来院されました。分析の結果、下あごの大きさが大きいことによる反対咬合(受け口)でした。また、上の前歯の位置に不正があり咬む際にあごを前に出す癖を認めました。今後、成長期を迎える前にこの癖を治すことが非常に大事であるため、早期の治療をおすすめしました。上の前歯と奥歯に固定の装置を接着してワイヤーを用いる治療を行いました。右上の前歯を前に出す治療により無事に第Ⅰ期治療を終了し現在、成長を観察しています。中学3年生の現在、身長もかなり伸びていますが、今のところ咬み合わせを維持できています。小学生の男の子です。おばあさまが受け口を気にされて来院されました。分析の結果、下あごの大きさが大きいことによる反対咬合(受け口)でした。また、上の前歯の位置に不正があり咬む際にあごを前に出す癖を認めました。今後、成長期を迎える前にこの癖を治すことが非常に大事であるため、早期の治療をおすすめしました。上の前歯と奥歯に固定の装置を接着してワイヤーを用いる治療を行いました。右上の前歯を前に出す治療により無事に第Ⅰ期治療を終了し現在、成長を観察しています。中学3年生の現在、身長もかなり伸びていますが、今のところ咬み合わせを維持できています。小学生の男の子です。おばあさまが受け口を気にされて来院されました。分析の結果、下あごの大きさが大きいことによる反対咬合(受け口)でした。また、上の前歯の位置に不正があり咬む際にあごを前に出す癖を認めました。今後、成長期を迎える前にこの癖を治すことが非常に大事であるため、早期の治療をおすすめしました。上の前歯と奥歯に固定の装置を接着してワイヤーを用いる治療を行いました。右上の前歯を前に出す治療により無事に第Ⅰ期治療を終了し現在、成長を観察しています。中学3年生の現在、身長もかなり伸びていますが、今のところ咬み合わせを維持できています。小学生の男の子です。おばあさまが受け口を気にされて来院されました。分析の結果、下あごの大きさが大きいことによる反対咬合(受け口)でした。また、上の前歯の位置に不正があり咬む際にあごを前に出す癖を認めました。今後、成長期を迎える前にこの癖を治すことが非常に大事であるため、早期の治療をおすすめしました。上の前歯と奥歯に固定の装置を接着してワイヤーを用いる治療を行いました。右上の前歯を前に出す治療により無事に第Ⅰ期治療を終了し現在、成長を観察しています。中学3年生の現在、身長もかなり伸びていますが、今のところ咬み合わせを維持できています。小学生の男の子です。おばあさまが受け口を気にされて来院されました。分析の結果、下あごの大きさが大きいことによる反対咬合(受け口)でした。また、上の前歯の位置に不正があり咬む際にあごを前に出す癖を認めました。今後、成長期を迎える前にこの癖を治すことが非常に大事であるため、早期の治療をおすすめしました。上の前歯と奥歯に固定の装置を接着してワイヤーを用いる治療を行いました。右上の前歯を前に出す治療により無事に第Ⅰ期治療を終了し現在、成長を観察しています。中学3年生の現在、身長もかなり伸びていますが、今のところ咬み合わせを維持できています。
矯正前
矯正後
年齢・性別
10代男の子
1年2ヶ月
非抜歯矯正
-----
骨格的下顎前突
小学生の男の子です。おばあさまが受け口を気にされて来院されました。分析の結果、下あごの大きさが大きいことによる反対咬合(受け口)でした。また、上の前歯の位置に不正があり咬む際にあごを前に出す癖を認めました。今後、成長期を迎える前にこの癖を治すことが非常に大事であるため、早期の治療をおすすめしました。上の前歯と奥歯に固定の装置を接着してワイヤーを用いる治療を行いました。右上の前歯を前に出す治療により無事に第Ⅰ期治療を終了し現在、成長を観察しています。中学3年生の現在、身長もかなり伸びていますが、今のところ咬み合わせを維持できています。

-----

抜歯の有無
治療費
備考
リスク・注意点
治療の概要
治療期間

部分矯正

出っ歯

八重歯・叢生

すきっ歯

開咬

受け口

過蓋咬合