八重歯・でこぼこ / 矯正症例

Case

ご了承いただいた患者様のみを掲載しております。
※写真掲載の許可を頂いていない患者様のお写真が掲載されることはございませんので、ご安心下さい。
Case 1
30代の女性です。歯のでこぼこを気にされて来院されました。分析の結果、でこぼこの度合いが大き上下左右1本ずつの抜歯が必要となりました。神経を抜く処置をしている歯があったため、その部分を抜歯し、健全な歯を多く残すようにしました。
上顎の部分にインプラント矯正を併用することで、ネジを埋めた場所に矯正治療用のゴムを引っ掛けるように治療を行いました。インプラント矯正を用いることで、上の前歯を後ろに下げることができることから、通常より治療期間が読みやすく治療をすすめることができます。 治療途中で治療済みの歯に痛みが出てしまい矯正治療がやや中断してしまいましたが、歯の神経治療と同時に進めていくことで、矯正治療を無事に終えることができました。30代の女性です。歯のでこぼこを気にされて来院されました。分析の結果、でこぼこの度合いが大き上下左右1本ずつの抜歯が必要となりました。神経を抜く処置をしている歯があったため、その部分を抜歯し、健全な歯を多く残すようにしました。
上顎の部分にインプラント矯正を併用することで、ネジを埋めた場所に矯正治療用のゴムを引っ掛けるように治療を行いました。インプラント矯正を用いることで、上の前歯を後ろに下げることができることから、通常より治療期間が読みやすく治療をすすめることができます。 治療途中で治療済みの歯に痛みが出てしまい矯正治療がやや中断してしまいましたが、歯の神経治療と同時に進めていくことで、矯正治療を無事に終えることができました。30代の女性です。歯のでこぼこを気にされて来院されました。分析の結果、でこぼこの度合いが大き上下左右1本ずつの抜歯が必要となりました。神経を抜く処置をしている歯があったため、その部分を抜歯し、健全な歯を多く残すようにしました。
上顎の部分にインプラント矯正を併用することで、ネジを埋めた場所に矯正治療用のゴムを引っ掛けるように治療を行いました。インプラント矯正を用いることで、上の前歯を後ろに下げることができることから、通常より治療期間が読みやすく治療をすすめることができます。 治療途中で治療済みの歯に痛みが出てしまい矯正治療がやや中断してしまいましたが、歯の神経治療と同時に進めていくことで、矯正治療を無事に終えることができました。30代の女性です。歯のでこぼこを気にされて来院されました。分析の結果、でこぼこの度合いが大き上下左右1本ずつの抜歯が必要となりました。神経を抜く処置をしている歯があったため、その部分を抜歯し、健全な歯を多く残すようにしました。
上顎の部分にインプラント矯正を併用することで、ネジを埋めた場所に矯正治療用のゴムを引っ掛けるように治療を行いました。インプラント矯正を用いることで、上の前歯を後ろに下げることができることから、通常より治療期間が読みやすく治療をすすめることができます。 治療途中で治療済みの歯に痛みが出てしまい矯正治療がやや中断してしまいましたが、歯の神経治療と同時に進めていくことで、矯正治療を無事に終えることができました。30代の女性です。歯のでこぼこを気にされて来院されました。分析の結果、でこぼこの度合いが大き上下左右1本ずつの抜歯が必要となりました。神経を抜く処置をしている歯があったため、その部分を抜歯し、健全な歯を多く残すようにしました。
上顎の部分にインプラント矯正を併用することで、ネジを埋めた場所に矯正治療用のゴムを引っ掛けるように治療を行いました。インプラント矯正を用いることで、上の前歯を後ろに下げることができることから、通常より治療期間が読みやすく治療をすすめることができます。 治療途中で治療済みの歯に痛みが出てしまい矯正治療がやや中断してしまいましたが、歯の神経治療と同時に進めていくことで、矯正治療を無事に終えることができました。30代の女性です。歯のでこぼこを気にされて来院されました。分析の結果、でこぼこの度合いが大き上下左右1本ずつの抜歯が必要となりました。神経を抜く処置をしている歯があったため、その部分を抜歯し、健全な歯を多く残すようにしました。
上顎の部分にインプラント矯正を併用することで、ネジを埋めた場所に矯正治療用のゴムを引っ掛けるように治療を行いました。インプラント矯正を用いることで、上の前歯を後ろに下げることができることから、通常より治療期間が読みやすく治療をすすめることができます。 治療途中で治療済みの歯に痛みが出てしまい矯正治療がやや中断してしまいましたが、歯の神経治療と同時に進めていくことで、矯正治療を無事に終えることができました。
矯正前
矯正後
年齢・性別
30代女性
2年8ヶ月
上下の左右1本ずつ
90万(税別)
インプラント矯正
30代の女性です。歯のでこぼこを気にされて来院されました。分析の結果、でこぼこの度合いが大き上下左右1本ずつの抜歯が必要となりました。神経を抜く処置をしている歯があったため、その部分を抜歯し、健全な歯を多く残すようにしました。 上顎の部分にインプラント矯正を併用することで、ネジを埋めた場所に矯正治療用のゴムを引っ掛けるように治療を行いました。インプラント矯正を用いることで、上の前歯を後ろに下げることができることから、通常より治療期間が読みやすく治療をすすめることができます。 治療途中で治療済みの歯に痛みが出てしまい矯正治療がやや中断してしまいましたが、歯の神経治療と同時に進めていくことで、矯正治療を無事に終えることができました。

・治療後に保定装置を使用しないと、後戻りするリスクがある
・歯の移動に伴う痛みや違和感を感じることがある
・矯正用インプラントを使用するため、外科的な処置が必要など

抜歯の有無
治療費
備考
リスク・注意点
治療の概要
治療期間
Case 2
40代の女性です。上下の前歯のでこぼこを気にされて来院されました。分析の結果、口元の突出感は認めず、上下の横の歯並びが内側に倒れこんでいたこと、歯が埋まっている骨の幅も十分にあったことから歯並びの横幅を広げる治療を行い歯並びを治すことになりました。歯並びの幅を広げる装置はお口の中で使用する固定式のため、最初は違和感がありますが、1か月程で慣れてくださりました。歯を抜かないで矯正治療を行う場合、歯を抜いて治療する場合より再度でこぼこが戻る(後戻り)リスクが高いといわれています。その原因は、歯の大きさと顎のバランスの均衡が取れていないこと、唇を噛む・口呼吸をするなどの悪習癖がある等、患者さまにより様々です。 今回の方では、上下の前歯の歯の形を小さく修正して隙間を作ること(IPR)を併用することで、後戻りのリスクを軽減し、非抜歯での矯正治療を可能としました。半年ほど横幅を広げる固定装置を使用して、その後表側のブラケット装置で治療を行い、無事に治療を終了することができました。40代の女性です。上下の前歯のでこぼこを気にされて来院されました。分析の結果、口元の突出感は認めず、上下の横の歯並びが内側に倒れこんでいたこと、歯が埋まっている骨の幅も十分にあったことから歯並びの横幅を広げる治療を行い歯並びを治すことになりました。歯並びの幅を広げる装置はお口の中で使用する固定式のため、最初は違和感がありますが、1か月程で慣れてくださりました。歯を抜かないで矯正治療を行う場合、歯を抜いて治療する場合より再度でこぼこが戻る(後戻り)リスクが高いといわれています。その原因は、歯の大きさと顎のバランスの均衡が取れていないこと、唇を噛む・口呼吸をするなどの悪習癖がある等、患者さまにより様々です。 今回の方では、上下の前歯の歯の形を小さく修正して隙間を作ること(IPR)を併用することで、後戻りのリスクを軽減し、非抜歯での矯正治療を可能としました。半年ほど横幅を広げる固定装置を使用して、その後表側のブラケット装置で治療を行い、無事に治療を終了することができました。40代の女性です。上下の前歯のでこぼこを気にされて来院されました。分析の結果、口元の突出感は認めず、上下の横の歯並びが内側に倒れこんでいたこと、歯が埋まっている骨の幅も十分にあったことから歯並びの横幅を広げる治療を行い歯並びを治すことになりました。歯並びの幅を広げる装置はお口の中で使用する固定式のため、最初は違和感がありますが、1か月程で慣れてくださりました。歯を抜かないで矯正治療を行う場合、歯を抜いて治療する場合より再度でこぼこが戻る(後戻り)リスクが高いといわれています。その原因は、歯の大きさと顎のバランスの均衡が取れていないこと、唇を噛む・口呼吸をするなどの悪習癖がある等、患者さまにより様々です。 今回の方では、上下の前歯の歯の形を小さく修正して隙間を作ること(IPR)を併用することで、後戻りのリスクを軽減し、非抜歯での矯正治療を可能としました。半年ほど横幅を広げる固定装置を使用して、その後表側のブラケット装置で治療を行い、無事に治療を終了することができました。40代の女性です。上下の前歯のでこぼこを気にされて来院されました。分析の結果、口元の突出感は認めず、上下の横の歯並びが内側に倒れこんでいたこと、歯が埋まっている骨の幅も十分にあったことから歯並びの横幅を広げる治療を行い歯並びを治すことになりました。歯並びの幅を広げる装置はお口の中で使用する固定式のため、最初は違和感がありますが、1か月程で慣れてくださりました。歯を抜かないで矯正治療を行う場合、歯を抜いて治療する場合より再度でこぼこが戻る(後戻り)リスクが高いといわれています。その原因は、歯の大きさと顎のバランスの均衡が取れていないこと、唇を噛む・口呼吸をするなどの悪習癖がある等、患者さまにより様々です。 今回の方では、上下の前歯の歯の形を小さく修正して隙間を作ること(IPR)を併用することで、後戻りのリスクを軽減し、非抜歯での矯正治療を可能としました。半年ほど横幅を広げる固定装置を使用して、その後表側のブラケット装置で治療を行い、無事に治療を終了することができました。40代の女性です。上下の前歯のでこぼこを気にされて来院されました。分析の結果、口元の突出感は認めず、上下の横の歯並びが内側に倒れこんでいたこと、歯が埋まっている骨の幅も十分にあったことから歯並びの横幅を広げる治療を行い歯並びを治すことになりました。歯並びの幅を広げる装置はお口の中で使用する固定式のため、最初は違和感がありますが、1か月程で慣れてくださりました。歯を抜かないで矯正治療を行う場合、歯を抜いて治療する場合より再度でこぼこが戻る(後戻り)リスクが高いといわれています。その原因は、歯の大きさと顎のバランスの均衡が取れていないこと、唇を噛む・口呼吸をするなどの悪習癖がある等、患者さまにより様々です。 今回の方では、上下の前歯の歯の形を小さく修正して隙間を作ること(IPR)を併用することで、後戻りのリスクを軽減し、非抜歯での矯正治療を可能としました。半年ほど横幅を広げる固定装置を使用して、その後表側のブラケット装置で治療を行い、無事に治療を終了することができました。40代の女性です。上下の前歯のでこぼこを気にされて来院されました。分析の結果、口元の突出感は認めず、上下の横の歯並びが内側に倒れこんでいたこと、歯が埋まっている骨の幅も十分にあったことから歯並びの横幅を広げる治療を行い歯並びを治すことになりました。歯並びの幅を広げる装置はお口の中で使用する固定式のため、最初は違和感がありますが、1か月程で慣れてくださりました。歯を抜かないで矯正治療を行う場合、歯を抜いて治療する場合より再度でこぼこが戻る(後戻り)リスクが高いといわれています。その原因は、歯の大きさと顎のバランスの均衡が取れていないこと、唇を噛む・口呼吸をするなどの悪習癖がある等、患者さまにより様々です。 今回の方では、上下の前歯の歯の形を小さく修正して隙間を作ること(IPR)を併用することで、後戻りのリスクを軽減し、非抜歯での矯正治療を可能としました。半年ほど横幅を広げる固定装置を使用して、その後表側のブラケット装置で治療を行い、無事に治療を終了することができました。
矯正前
矯正後
年齢・性別
40代女性
1年6ヶ月
非抜歯矯正
90万(税別)
装置(IPR(歯冠縮小)あり)
40代の女性です。上下の前歯のでこぼこを気にされて来院されました。分析の結果、口元の突出感は認めず、上下の横の歯並びが内側に倒れこんでいたこと、歯が埋まっている骨の幅も十分にあったことから歯並びの横幅を広げる治療を行い歯並びを治すことになりました。歯並びの幅を広げる装置はお口の中で使用する固定式のため、最初は違和感がありますが、1か月程で慣れてくださりました。歯を抜かないで矯正治療を行う場合、歯を抜いて治療する場合より再度でこぼこが戻る(後戻り)リスクが高いといわれています。その原因は、歯の大きさと顎のバランスの均衡が取れていないこと、唇を噛む・口呼吸をするなどの悪習癖がある等、患者さまにより様々です。 今回の方では、上下の前歯の歯の形を小さく修正して隙間を作ること(IPR)を併用することで、後戻りのリスクを軽減し、非抜歯での矯正治療を可能としました。半年ほど横幅を広げる固定装置を使用して、その後表側のブラケット装置で治療を行い、無事に治療を終了することができました。

・治療後に保定装置を使用しないと、後戻りするリスクがある
・歯の移動に伴う痛みや違和感を強く感じる場合がある

抜歯の有無
治療費
備考
リスク・注意点
治療の概要
治療期間
Case 3
"20代の女性です。下顎前歯のでこぼこ、出っ歯を気にされて来院されました。分析の結果、上下左右2本ずつ抜歯して、前歯を下げ口元の突出感を改善する方法を検討しました。しかし、レントゲン写真から歯の間の骨が硬くなっていて歯が動きずらい可能性がある場所があったため、予定通りの上下左右2本ずつの抜歯でなく、上の前歯が出ていることに関しては上下の前歯の歯の形を小さく修正するディスキング (IPR)により、歯を抜かずに治療を行うこととしました。 上下の左右2本ずつを抜いて治療を行う場合、治療期間は平均的に2年から2年半位かかります。抜歯を行う治療法だと歯のでこぼこ自体は早く整いますが、その後抜歯した隙間を閉じるに2年以上かかってしまいます。今回は歯を抜かず上下前歯のディスキングを用いて治療を行ったため、治療期間は約1年位と治療期間を短縮して終了することができました。"	"20代の女性です。下顎前歯のでこぼこ、出っ歯を気にされて来院されました。分析の結果、上下左右2本ずつ抜歯して、前歯を下げ口元の突出感を改善する方法を検討しました。しかし、レントゲン写真から歯の間の骨が硬くなっていて歯が動きずらい可能性がある場所があったため、予定通りの上下左右2本ずつの抜歯でなく、上の前歯が出ていることに関しては上下の前歯の歯の形を小さく修正するディスキング (IPR)により、歯を抜かずに治療を行うこととしました。 上下の左右2本ずつを抜いて治療を行う場合、治療期間は平均的に2年から2年半位かかります。抜歯を行う治療法だと歯のでこぼこ自体は早く整いますが、その後抜歯した隙間を閉じるに2年以上かかってしまいます。今回は歯を抜かず上下前歯のディスキングを用いて治療を行ったため、治療期間は約1年位と治療期間を短縮して終了することができました。"	"20代の女性です。下顎前歯のでこぼこ、出っ歯を気にされて来院されました。分析の結果、上下左右2本ずつ抜歯して、前歯を下げ口元の突出感を改善する方法を検討しました。しかし、レントゲン写真から歯の間の骨が硬くなっていて歯が動きずらい可能性がある場所があったため、予定通りの上下左右2本ずつの抜歯でなく、上の前歯が出ていることに関しては上下の前歯の歯の形を小さく修正するディスキング (IPR)により、歯を抜かずに治療を行うこととしました。 上下の左右2本ずつを抜いて治療を行う場合、治療期間は平均的に2年から2年半位かかります。抜歯を行う治療法だと歯のでこぼこ自体は早く整いますが、その後抜歯した隙間を閉じるに2年以上かかってしまいます。今回は歯を抜かず上下前歯のディスキングを用いて治療を行ったため、治療期間は約1年位と治療期間を短縮して終了することができました。"	"20代の女性です。下顎前歯のでこぼこ、出っ歯を気にされて来院されました。分析の結果、上下左右2本ずつ抜歯して、前歯を下げ口元の突出感を改善する方法を検討しました。しかし、レントゲン写真から歯の間の骨が硬くなっていて歯が動きずらい可能性がある場所があったため、予定通りの上下左右2本ずつの抜歯でなく、上の前歯が出ていることに関しては上下の前歯の歯の形を小さく修正するディスキング (IPR)により、歯を抜かずに治療を行うこととしました。 上下の左右2本ずつを抜いて治療を行う場合、治療期間は平均的に2年から2年半位かかります。抜歯を行う治療法だと歯のでこぼこ自体は早く整いますが、その後抜歯した隙間を閉じるに2年以上かかってしまいます。今回は歯を抜かず上下前歯のディスキングを用いて治療を行ったため、治療期間は約1年位と治療期間を短縮して終了することができました。"	"20代の女性です。下顎前歯のでこぼこ、出っ歯を気にされて来院されました。分析の結果、上下左右2本ずつ抜歯して、前歯を下げ口元の突出感を改善する方法を検討しました。しかし、レントゲン写真から歯の間の骨が硬くなっていて歯が動きずらい可能性がある場所があったため、予定通りの上下左右2本ずつの抜歯でなく、上の前歯が出ていることに関しては上下の前歯の歯の形を小さく修正するディスキング (IPR)により、歯を抜かずに治療を行うこととしました。 上下の左右2本ずつを抜いて治療を行う場合、治療期間は平均的に2年から2年半位かかります。抜歯を行う治療法だと歯のでこぼこ自体は早く整いますが、その後抜歯した隙間を閉じるに2年以上かかってしまいます。今回は歯を抜かず上下前歯のディスキングを用いて治療を行ったため、治療期間は約1年位と治療期間を短縮して終了することができました。"	"20代の女性です。下顎前歯のでこぼこ、出っ歯を気にされて来院されました。分析の結果、上下左右2本ずつ抜歯して、前歯を下げ口元の突出感を改善する方法を検討しました。しかし、レントゲン写真から歯の間の骨が硬くなっていて歯が動きずらい可能性がある場所があったため、予定通りの上下左右2本ずつの抜歯でなく、上の前歯が出ていることに関しては上下の前歯の歯の形を小さく修正するディスキング (IPR)により、歯を抜かずに治療を行うこととしました。 上下の左右2本ずつを抜いて治療を行う場合、治療期間は平均的に2年から2年半位かかります。抜歯を行う治療法だと歯のでこぼこ自体は早く整いますが、その後抜歯した隙間を閉じるに2年以上かかってしまいます。今回は歯を抜かず上下前歯のディスキングを用いて治療を行ったため、治療期間は約1年位と治療期間を短縮して終了することができました。"
矯正前
矯正後
年齢・性別
20代女性
1年1ヶ月
非抜歯矯正
90万(税別)
矯正(IPR(歯冠縮小)あり)
"20代の女性です。下顎前歯のでこぼこ、出っ歯を気にされて来院されました。分析の結果、上下左右2本ずつ抜歯して、前歯を下げ口元の突出感を改善する方法を検討しました。しかし、レントゲン写真から歯の間の骨が硬くなっていて歯が動きずらい可能性がある場所があったため、予定通りの上下左右2本ずつの抜歯でなく、上の前歯が出ていることに関しては上下の前歯の歯の形を小さく修正するディスキング (IPR)により、歯を抜かずに治療を行うこととしました。 上下の左右2本ずつを抜いて治療を行う場合、治療期間は平均的に2年から2年半位かかります。抜歯を行う治療法だと歯のでこぼこ自体は早く整いますが、その後抜歯した隙間を閉じるに2年以上かかってしまいます。今回は歯を抜かず上下前歯のディスキングを用いて治療を行ったため、治療期間は約1年位と治療期間を短縮して終了することができました。"

・治療後に保定装置を使用しないと、後戻りするリスクがある
・計画どおりに歯が移動しない場合があり、治療期間が長くなることがある

抜歯の有無
治療費
備考
リスク・注意点
治療の概要
治療期間
Case 4
10代の女性です。上下の歯のでこぼこを気にされて来院されました。右下7番目の歯(12歳臼歯)が倒れながら生えてしまっていたため、上下左右の歯を1本ずつを抜いて治療を行うことになりました。右下7番目の歯(12歳臼歯)を起き上がらせ、上の歯との噛み合わせを整えることに時間がかかってしまい、治療期間が延びてしましましたが社会人になる前に治療を終えることができました。	10代の女性です。上下の歯のでこぼこを気にされて来院されました。右下7番目の歯(12歳臼歯)が倒れながら生えてしまっていたため、上下左右の歯を1本ずつを抜いて治療を行うことになりました。右下7番目の歯(12歳臼歯)を起き上がらせ、上の歯との噛み合わせを整えることに時間がかかってしまい、治療期間が延びてしましましたが社会人になる前に治療を終えることができました。	10代の女性です。上下の歯のでこぼこを気にされて来院されました。右下7番目の歯(12歳臼歯)が倒れながら生えてしまっていたため、上下左右の歯を1本ずつを抜いて治療を行うことになりました。右下7番目の歯(12歳臼歯)を起き上がらせ、上の歯との噛み合わせを整えることに時間がかかってしまい、治療期間が延びてしましましたが社会人になる前に治療を終えることができました。	10代の女性です。上下の歯のでこぼこを気にされて来院されました。右下7番目の歯(12歳臼歯)が倒れながら生えてしまっていたため、上下左右の歯を1本ずつを抜いて治療を行うことになりました。右下7番目の歯(12歳臼歯)を起き上がらせ、上の歯との噛み合わせを整えることに時間がかかってしまい、治療期間が延びてしましましたが社会人になる前に治療を終えることができました。	10代の女性です。上下の歯のでこぼこを気にされて来院されました。右下7番目の歯(12歳臼歯)が倒れながら生えてしまっていたため、上下左右の歯を1本ずつを抜いて治療を行うことになりました。右下7番目の歯(12歳臼歯)を起き上がらせ、上の歯との噛み合わせを整えることに時間がかかってしまい、治療期間が延びてしましましたが社会人になる前に治療を終えることができました。	10代の女性です。上下の歯のでこぼこを気にされて来院されました。右下7番目の歯(12歳臼歯)が倒れながら生えてしまっていたため、上下左右の歯を1本ずつを抜いて治療を行うことになりました。右下7番目の歯(12歳臼歯)を起き上がらせ、上の歯との噛み合わせを整えることに時間がかかってしまい、治療期間が延びてしましましたが社会人になる前に治療を終えることができました。
矯正前
矯正後
年齢・性別
10代女性
3年4ヶ月
上下左右1本ずつ
90万(税別)
矯正
10代の女性です。上下の歯のでこぼこを気にされて来院されました。右下7番目の歯(12歳臼歯)が倒れながら生えてしまっていたため、上下左右の歯を1本ずつを抜いて治療を行うことになりました。右下7番目の歯(12歳臼歯)を起き上がらせ、上の歯との噛み合わせを整えることに時間がかかってしまい、治療期間が延びてしましましたが社会人になる前に治療を終えることができました。

・治療後に保定装置を使用しないと、後戻りするリスクがある
・歯の移動に伴う痛みなど

抜歯の有無
治療費
備考
リスク・注意点
治療の概要
治療期間

部分矯正

出っ歯

八重歯・叢生

すきっ歯

開咬

受け口

過蓋咬合